その他アフィリエイト

無料オファーアフィリエイトの仕組みや稼ぎ方を解説

無料オファーアフィリエイトという言葉を聞いたことがある人は多いと思いますが、実際にどんなことをしているのか分からない人も多いのではないでしょうか。

そこで、無料オファーアフィリエイトの仕組みや、どのようにマネタイズしていくのかという稼ぎ方について解説していきます。

無料オファーアフィリエイトの仕組み

一言で言ってしまうとメールアドレス登録で報酬が発生する仕組みになっています。メールアドレスを登録してくれた人にはオファー主からコンテンツが配信され、紹介者にはオファー主から報酬が支払われる仕組みになっています。

  • 紹介者・・・・・オファー主から一定額の報酬(500円/1件など)
  • 登録者・・・・・オファー主から無料のコンテンツを受け取る
  • オファー主・・・紹介者に報酬を支払い登録者にコンテンツを配信

これだけ見ると何やらオファー主だけが損をしているような気がしませんか?目先の考え方だけ見るとオファー主にメリットが無い気がしますが、実際のところ一番得をするのはオファー主なんです。

それでは、無料オファーを使ってなぜオファー主が稼げるのか。その方法を解説していきます。

無料オファーで稼ぐ方法とは?

そもそも、オファー主がなぜ無料オファーをしているかというとメールマガジンの読者を集めるため(集客)で、これ以外に目的はありません。

メールマガジンに登録してもらえば、登録者のメールアドレスを取得(読者集め)することが可能になります。多くの読者を集めることで、販売する際により多くの人にコンテンツを紹介できますからね。

だからこそ、紹介者に一定額の報酬を支払ってもオファー主が儲かる仕組みになっているのです。

プロダクトローンチ

もちろんオファー主は、登録者に無料コンテンツを配信したあと、メールマガジン(ステップメール)にてセールスがかかる場合が多いです(たとえば高額塾の案内など)。

このような販売手法はプロダクトローンチと呼ばれていて、アメリカで生まれた販売手法の一つです。このようにプロダクトローンチで販売することで、紹介者に広告費を支払ったとしても多くの利益を生み出すことが可能になります。

そのためには、無料オファーをしているASPに登録することが必須なんですが、信頼のおけるASPに登録することが最も大切なことです。

  • 報酬の支払いが適正か
  • 支払いまでの期間
  • 売上発生率
  • 承認率

このあたりを意識しながらASPを選択することが重要です。

どうやって紹介するの?

紹介するといっても紹介媒体を考える必要があります。様々な媒体がありますが、代表的なものを見ていきましょう。

  • メールマガジン
  • 各種SNS

ここで注意しなければいけないのは、メールマガジン内で紹介することのリスクです。他のメルマガに登録するリスクや高額塾の販売を勧めることによってメルマガ読者の信頼が下がってしまう危険性があります。

そこで、ポピュラーなのはSNSを使った紹介です。主にfacebookでの広告が多いのではないでしょうか。TwitterやLineなども媒体として利用できるんですが、学生などが多いため属性がビジネス寄りではない人が多いです。

つまり、既存のユーザーが離れてしまう可能性が高く、無料オファーアフィリエイトを紹介するのはリスクがありますよね。

無料オファーアフィリエイトの注意点

無料オファーアフィリエイトの紹介にはメリットもありますが、それよりも気になるのはデメリットです。自分のメルマガ読者に対し「無料だから」という安易な理由で紹介することにより、自分の読者が不信感を持たれてしまう危険性があります。

なぜなら、無料オファーの最後には高額のセールスがかかるからで、案件によっては数十万の高額塾の販売などもあります。そういったオファーをメルマガ内で紹介することは、よっぽど素晴らしいオファーでなければするべきではありません。

また、近年はSNSからの承認率が低下していることが問題になっています。これは、TwitterやLineといったSNSからの登録では、ほぼ100%有料コンテンツを購入してくれないからです。

そうなるとASPとしても不利になってしまいますので、承認を却下するということもできてしまいます。本来してはいけないことですが、この判断はASPで操作できてしまうので、こういった問題も起きているのが実情です。

無料オファーアフィリエイトは、デメリットをしっかりと理解したうえで実践するようにしましょう。

記事へのコメントはこちらへ(メールアドレス不要)

*

Return Top