SNS

LINE(ライン)の機能や特徴を学んでネットビジネスに活かそう!

LINE(ライン)は日本で一番利用されているインスタントメッセンジャーアプリで、中高生を中心に爆発的な人気をほこるSNSになります。機能的にはSNSよりもチャットや通話で利用するユーザーが多いので、その特徴を理解してネットビジネスに役立ててください。
⇒SNSって何?サービスについて学ぼう!

それではLINE(ライン)の機能と特徴を一緒に学んでいきましょう。

そもそもラインとは?

ラインの主な機能はSNSとしての利用ではなくチャットと無料通話になります。チャットではグループチャットも利用でき、レスポンスの良さが魅力です。同じく無料のチャット・通話サービスだとSkypeが有名ですが、こちらはビジネス色が濃く、LINEユーザーとは属性が大きく異なります。
ネットビジネスに必須のSkypeをインストールしてみよう

良くも悪くも既読機能

LINEのメリットでもありデメリットでもある既読機能についてお話していきます。この機能は、チャットを送信したあと相手がメッセージを読んだ後に「既読」という文字がチャットに表示されるものなんですが、既読機能によりLINE疲れを起こすユーザーも少なくありません。

既読になっているのに返信しないことで問いつめられたり、トラブルになるケースも多く、わざと既読にしないでメッセージを読む人もいるくらいです。

これをビジネスで使えば、問題が多発することは目に見えていますよね。既読になっているのに、いつまでもタスクが終わらなければ、相手が怒るのも無理はありません(笑)

もしビジネスだけで行うことが確定していれば、Skypeのチャット機能を使うべきでしょう。

ネットビジネスにLINEを使うべき理由

大きな理由としては以下のとおりです。

  • 圧倒的なユーザー数
  • Skypeを導入していない人へのサポート

圧倒的な数の利用してSNSマーケティングも可能です。しかし、ユーザーの属性はツイッターに近いものがあるので、ビジネス色を出し過ぎると完全に敬遠されてしまいます。

ということで、現実的な利用方法で言えば、Skypeを導入していないユーザー向けのサポートツールとして使用することです(LINEなら持っているというケースが非常に多い)。

既読機能は多少やっかいですが、導入者が多くメッセージの送受信が異常に簡単なため、使い方によってはSkypeより効果を発揮する場面もあります。また、形式的なあいさつなども必要としないので、気軽に利用できるメリットもありますよね。

Skype導入までの繋ぎとして利用してもいいですし、PC版のLINEを利用するのも方法の一つです。

LINE@を使って集客

通常のLINEだけではなく、LINE@というサービスを使えば、集客・教育面でのメリットが非常に大きいです。

  • 一括でメッセージを送信
  • 一対一でのトーク
  • 自動返信メッセージ設定

ぱっと見るとまさにステップメールですよね。ただ、機能的にステップメールよりも強力であることは間違いありません。

なぜなら、LINEの開封率が圧倒的だからです。

基本的にLINEのメッセージは画面通知にしている方が多いので、非常に開封されやすい性質を持っています。つまり4つのNOTでいう「NOTOPEN」の壁を一気に超えることが可能に。

ということは、LINE@を使って教育⇒オファーをすれば、非常に高い成約率が見込めるということに繋がってきます(もちろんコンテンツの質は影響しますが)。

恐らくLINE@は、これから重要なサービスになってくるでしょう。さらにステップメールのような機能が実装されることも、遠くない未来だと感じています。

LINE利用の注意点

少し前にLINEのアカウント乗っ取りという事件が多発しました。ユーザーのアカウントを乗っ取られ、最終的にはアカウントが使えなくなってしまうことです。

このようなリスクを限りなく減らすためにもIDでの検索機能をオフにしてPINコードを登録しておくことをおすすめします。そうすれば限りなくリスクを減らすことができるので、LINEを導入・利用している場合は設定しておきましょう。

上手くLINEを使いこなしてネットビジネスに役立ててください!

記事へのコメントはこちらへ(メールアドレス不要)

*

Return Top