WordPress

WP-Copyright-Protectionを設定してコピー行為を撲滅しよう

WordPressでブログを作成している人が悩むのはコピーコンテンツではないでしょうか?

せっかく自分が汗水たらして必至に書いた珠玉の記事がコピーされてウェブ上に公開されてしまう悲しさは何とも言えませんよね(笑)

そこで大切な記事内容を守るためにWP-Copyright-Protectionを導入してコピー行為を撲滅しましょう。

WP-Copyright-Protectionのインストール方法

ダッシュボードメニュー内の「プラグイン ⇒ 新規追加」から「WP-Copyright-Protection」と検索してインストールしてください。もし、プラグインのインストール方法が分からない場合は下記記事で確認しておきましょう。
WordPressにプラグインをインストールしよう

WP-Copyright-Protectionの使い方

WP-Copyright-Protectionは特に設定が必要というわけでなく、有効化すると同時にコピーができなくなるよう設定されています。導入するだけであなたのオリジナルコンテンツを守れるので、非常に便利なプラグインですよね。

WP-Copyright-Protectionの注意点

確かにコピー防止には素晴らしいプラグインなんですが、完全にコピー不可にしてしまうと、ウェブサイトの一部をコピーして検索する時などは、大変不便になります。

そこで、サイトの性質によってプラグインを導入するか良く考えておくことが必要です。なんでもかんでもコピー不可にするだけでは逆にユーザビリティが下がり、ユーザー離れがおきてしまうでしょう。たとえば、プログラミングを扱うサイトなのにソースコードがコピーできないと「イラッ」ときますよね(笑)

サイトに訪れる人がどんな属性なのかきちんと理解したうえで導入するようにしてください。なお、コピーを防止するのではなくコピーされた部分を通知するプラグイン(CheckCopyContents)もありますので、状況に応じて使い分けてくださいね。
CheckCopyContents(CCC)を使ってコピペ箇所をメール通知で知らせてもらおう

記事へのコメントはこちらへ(メールアドレス不要)

*

Return Top