Search Console(サーチコンソール)

Google Search Console(サーチコンソール)へのサイト登録方法と使い方を覚えよう

サーチコンソールはGoogleが提供している公式のウェブサイト管理ツールですが、導入への敷居が高いと思っている人が多のも事実です。

しかし、実際には簡単に導入することができますし、WordPressでブログを作成した後は、必ず入れるべきツールだと言えます。それでは、サーチコンソールの使い方と登録方法を簡単に説明しますので、あなたもウェブサイトを登録してみましょう。
インデックって何?クローラーの仕組みと合わせて理解しよう

Googleサーチコンソールへの登録方法

それでは公式ページに移動して「Search Console にログイン」をクリックします。

Googleアカウントが必要になりますので、まだ取得していない場合はGoogleアカウントを取得しましょう。

次にあなたのウェブサイトのドメインを入力します(WordPressを開設した際に取得したドメインです)。ドメインを入力後「サイトを追加」をクリックしてください。

最後にサイトの所有権を確認します。この作業は、あなたのウェブサイトが申請者と正しく紐付けられているか確認を行う作業になります。

  • おすすめの方法
  • 別の方法

それぞれ所有権を確認するための方法を選択できるのですが、今回はおすすめの方法を選択しましょう。画面に手順が記載されていますので、手順通り進めます。

ちなみに確認ファイルをアップロードするにはFTPソフトを使うことになります。FFFTPFileZillaを利用すればアップロード可能ですね。

ファイルのアップロード場所は以下を選択してください(エックスサーバーの場合)。

  • FTP接続後 ⇒ ドメイン名 ⇒ public_html(この中にダウンロードした確認ファイルをアップロード)

アップロードが完了したら「確認」をクリックします。問題がなければウェブマスターツールの登録が完了です(おすすめの方法がどうしても上手くいかない場合は別の方法をお試しください)。

最初にするべきサイトマップの送信

サイトマップというのは目次のようなもので、Googleやその他の検索エンジンに対し、あなたが運営するウェブサイト構成を伝えるファイルになります。

どのディレクトリにどんなファイルが存在するか?

これらの設定を保存したファイルがサイトマップになります。なお、サイトマップを送信するにはあらかじめサイトマップを作成しておく必要がありますので「All in One SEO Pack」のサイトマップ設定を済ませておきましょう。

また、サイトマップが未作成の状態で送信テストを行っても失敗しますのでご注意ください。
All in One SEO Packでサイトマップを作成しよう

また、テーマの関係上「All in One SEO Pack」を導入していない場合は「Google XML Sitemaps」というプラグインを導入してからサイトマップを送信するようにしてくださいね。

それでは、サーチコンソールの左メニューにある「クロール」を選択後「サイトマップ」をクリックします。

次に画面が表示されたら右上にある「サイトマップの送信テスト」をクリックします。URLにsitemap.xmlと入力して「サイトマップを送信」をクリックしましょう。

無事にサイトマップの送信が完了すればOKです。

Googleサーチコンソールの使い方

それではサーチコンソールの使い方を説明します。細かいことを言うと様々な設定や分析が可能なツールなんですが、ここではアドセンスアフィリエイトを行うにあたって必要になる部分に絞って解説しますね。

絶対にやるべきFetch as Google

初期段階では、この機能のためにサーチコンソールに登録すると言っても過言ではありません(笑)

WordPressでウェブサイトを立ち上げたばかりの頃は、投稿した記事のインデックス(検索エンジンに検索結果が表示される)速度が非常に遅いため、せっかく記事を書いて投稿しても数日経ってからインデックスされることがザラにあります(クローラーが回ってこない)。

そこで、サーチコンソールの機能である「Fetch as Google」を利用すると、即座にインデックスされやすくなります(時間がかかる場合もある)。ということで「Fetch as Google」の使い方を説明しいます。

では、サーチコンソール左メニューの「クロール」を選択後「Fetch as Google」をクリックしてください。すると、あなたのウェブサイトのURLが表示されている下に空白のボックスが出てきます。

ボックスの中に、あなたが更新した記事のURLを記入してください。

  • 記事URL・・・http://majestic-life.net/1453の場合1453と入力

WordPressにおける初期設定のパーマリンク設定がされている場合はこの限りではありませんが、基本的にドメイン以降の文字列をコピーして貼り付ければ問題ありません。

入力が完了したら「取得」をクリックします。すると入力したURLのステータスが「完了」となりますので「インデックスに送信」をクリックしましょう。

送信方法の選択画面では「このURLのみをクロールする」にチェックを入れた状態で「送信」をクリックします。クリック後に「インデックスに送信されたURL」となっていれば正常に完了です。

これでインデックス速度が大幅に上がるのでぜひやってみてください。

なお、インデックスされたことを確認するには記事タイトルを検索してもいいんですが「site:」コマンドを使うのも有効です。検索エンジンの検索バーに「site:あなたのウェブサイト」と入力すれば、既にインデックスされている記事が一覧表示されます。

僕のサイトであれば「site:majestic-life.net」になりますね。以外と便利なコマンドですので、インデックスの確認に使ってみてください。

検索アナリティクスでキーワードを分析

他に便利な機能は検索アナリティクスというレポートです。

あなたのウェブサイトに訪れた人が「どんなキーワードで検索されて」「どの程度クリックされたのか」知ることができる機能です。

分析ツールのGoogleアナリティクスでは検索エンジンからのアクセスが「not provided」となって確認できないキーワードも、サーチコンソールの検索アナリティクスを使うことで確認することが可能です(100%ではない)。

検索アナリティクスはウェブマスターツール左メニューの「検索トラフィック」を選択後「検索アナリティクス」をクリックすると確認できます。それでは数値にどんな意味があるか説明していきますね。

クリック数 – ユーザーが Google の検索結果ページをクリックしてサイトに移動した回数です。

表示回数 – Google の検索結果に表示されたサイトへのリンクの数です。ユーザーがスクロールせず、リンクが実際には表示されなかった場合でもカウントされます。ただし、ユーザーが 1 ページ目しか表示しなかった場合、2 ページ目に以降に表示されるはずだったリンクは表示回数としてはカウントされません。カウントは、サイト別またはページ別に集計されます。画像検索のようにスクロールが無限に続くページは、スクロールされて実際に表示された項目のみが表示回数としてカウントされます。

CTR – クリック率(CTR)は、クリック数を表示回数で除算したものです。表示回数のデータがない行の場合、CTR の計算は 0 で割ることになるので、CTR の値にはダッシュ(-)が表示されます。

掲載順位 – 検索結果におけるサイトの「最上位」の平均掲載順位です。たとえば、ある検索クエリの結果でサイトが 3 箇所に掲載され、それぞれの掲載順位が 2 位、4 位、6 位だった場合、そのサイトの掲載順位は 2 位となります。次に、別の検索クエリでも 3 箇所に掲載され、それぞれの掲載順位が 3 位、5 位、9 位だったとします。この場合、サイトの平均掲載順位は (2 + 3)/2 = 2.5 で 2.5 位となります。表示回数のデータがない行の場合、掲載順位はないので、ダッシュ(-)が表示されます。

出典:検索アナリティクスレポート

もう少し簡単に説明すると以下のような意味になります。

  • クエリ・・・・・検索されたキーワード
  • クリック数・・・検索されたキーワードで記事タイトルがクリックされた数
  • 表示回数・・・・検索結果に表示された回数(ユーザーが確認したページ数まで)
  • CTR・・・・・・クリック数に対する割合(クリック率)
  • 掲載順位・・・・検索結果の平均順位(最高値)

最初はとっつきにくいかもしれませんが、あなたのウェブサイトを分析するのに非常に有効なツールになっていて、それぞれの指標を確認していくとウェブサイトの傾向が把握できます。

たとえば、表示回数が多いのにクリック率が低ければ、記事タイトルが魅力的ではない。もしくは、discription(記事の説明)が不足していると考えられますよね。

このように、様々な分析を行うことができるので、ぜひ検索アナリティクスを使いこなしてアクセスアップに役立ててください。

Googleサーチコンソールを使いこなそう

サーチコンソールを使いこなすことで、アクセスアップに役立てたり、問題解決の糸口になることもあるでしょう。始めのうちは難解に思うかもしれませんが、食わず嫌いのままではなく積極的に導入してみましょう。

僕も「最初は面倒だな…」ということで導入していなかったのですが、今になって考えてみると「なぜ最初から導入しなかったんだ…」という気持ちですから(笑)

あなたもサーチコンソールを導入して、しっかりとウェブサイトの管理を行なってみましょう!

記事へのコメントはこちらへ(メールアドレス不要)

*

Return Top