Google Analytics(アナリティクス)

Googleアナリティクスを始めよう!トラッキングコード(ID)取得と設置までを解説

Googleアナリティクスはあなたがウェブサイトを運営するうえで必ず必要になる分析ツールです。しかし、導入方法や分析方法が分からないと嘆く方が非常に多いことでも有名です。

使いこなせば、初心者〜上級者まで最高の分析ツールになることは間違いありませんので、この機会にGoogleアナリティクスの導入と基本的な分析方法をマスターしましょう!

今回は導入編ということで、トラッキングコード(ID)を取得して、ウェブサイトに設置するまでの手順を解説します。

Googleアナリティクスの始め方

Googleアナリティクスを導入にあたりやるべきことは大きく分けて以下のとおりです。

  • トラッキングコード(ID)の取得
  • トラッキングコード(ID)の設置

トラッキングコード(ID)とはGoogleアナリティクスを使ってウェブサイトを分析するために必要なコードのことで、あなたに付与されたトラッキングコードをウェブサイトに設置すれば様々な分析が可能になります。

なお、トラッキングコード(ID)を設置した後のデータしか取得できませんので、WordPressやHTMLサイト立ち上げた際に導入しておくのがベターです。

それでは実際にトラッキングコードを取得していきましょう!

トラッキングコード(ID)の取得

トラッキングコード(ID)を取得するためにはGoogleアカウントが必要になりますので、まだ取得していない場合はGoogleアカウントを取得してください。

既にGoogleアカウントを持っている場合はGoogleアナリティクスのトップページに移動してください。右上にある「ログイン」をクリックしてログインするとGoogleアナリティクスの申し込み画面が表示されます。

右端にある「お申し込み」をクリックすると、新しいアカウントの追加画面が表示されるので必要事項を入力しましょう。

  • アカウント名・・・・・・・・好きなアカウント名
  • ウェブサイト名・・・・・・・あなたのウェブサイト名(ブログ名)
  • ウェブサイトのURL・・・・・あなたのウェブサイトを入力(WordPress)
  • 業種・・・・・・・・・・・・あなたのウェブサイトに近いものを選択
  • レポートのタイムゾーン・・・日本

その他はデフォルト設定のままで構いません。入力項目を確認して「トラッキングIDを取得」をクリックしてください。利用規約確認画面が表示されますので、左上に表示されている「国籍」を「日本」に変更して、規約を確認したら「同意する」をクリックしましょう。

するとトラッキングIDとトラッキングコードが表示されます。

  • トラッキングID・・・・・WordPressプラグインの「All in One SEO Pack」利用時に使う(推奨)
  • トラッキングコード・・・上記プラグイン未使用時に使う(基本的に「All in One SEO Pack」を導入するので使わない)

これで、あなたのウェブサイトを分析するためのトラッキングコード(ID)が取得できました。それでは、ウェブサイトへの設置方法を確認していきましょう。

トラッキングコード(ID)を設置しよう!

それでは実際にトラッキングコード(ID)をあなたのウェブサイトに設置してみましょう。今回は2通りの方法をご紹介します。

  1. 「All in One SEO Pack」を利用する方法・・・・推奨
  2. 「All in One SEO Pack」を利用しない方法・・・非推奨(一応説明します)

All in One SEO Packを利用する場合

こちらの方法は僕が推奨する方法です。

WordPress導入時にいれるべきプラグインとして「All in One SEO Pack」を勧めていますので、基本的にはこちらの手法をお試しください。

まだプラグインを導入していない場合は「All in One SEO Pack」のインストール方法から導入しておきましょう。また、既に導入済みの場合は記事内目次のGeneral Settings(全体設定)から確認してください。

「General Settings(全体設定)」にあるGoogleアナリティクスIDという項目があるので、取得したトラッキングIDをコピーして貼り付けます(UA-☓☓☓☓☓☓☓☓-☓)。貼り付けた後に「設定を更新」をクリックすれば完了です。

All in One SEO Packを利用しない場合

こちらは非推奨になりますが、何らかの理由で「All in One SEO Pack」を導入しない場合や、WordPress以外のウェブサイトで利用する方法になります。

WordPressダッシュボードメニュー内の「外観 ⇒ テーマの編集」を選択して、画面右側にある「ヘッダー(header.php)」をクリックしましょう。

英字でコードが書かれているので、間違って変更しないように「Ctrl + F」を押して検索ウィンドウを表示させます。表示された検索ウィンドウにと入力してください。

が見つかり次第、数行分空白(スペース)を用意します。これは元から書いてあるコードが分からなくならないようにするためです。

空白行を入れた後、Googleアナリティクスのトラッキングコードをコピーします。先ほど空けたスペースにコピーしたトラッキングコードを貼り付けてください。

貼り付けが完了したら「ファイルを更新」をクリックして変更を保存します。これでGoogleアナリティクスが利用可能になりました。

注意点

Googleアナリティクス利用のために「All in One SEO Pack」でトラッキングIDを設置したあとに、テーマの編集からトラッキングコードを設置してしまうとアクセス数が2倍で計上されてしまいます(ページビュー数だけでなく平均ページビュー数なども)。

これでは重複データとして扱われてしまい正常なデータになりませんのでご注意ください。

Googleアナリティクスでアクセス解析をしているときに、異常な数値が表示されている場合は、ほぼ重複しているだけなので、アクセス数の増加を喜ぶ前に、コードの重複を疑いましょう。

ちなみに、僕は重複でぬか喜びした経験があります(笑)

Googleアナリティクスは宝箱

Googleアナリティクスの導入は思ったほど難しくないと感じましたか?

難しそうに感じるだけで、実際には非常に簡単に設定できたと思います。これで、あなたのウェブサイトの詳細な分析ができるようになりましたので、実際にレポートを見て、設定が反映されているか確認してくださいね。

Googleアナリティクスから取得できるデータは、あなたのウェブサイトにとって宝の山と言えるでしょう。しかし、分析方法や、ツールの使い方が分からなければ、宝の持ち腐れになってしまいます。

そこで、Googleアナリティクスを使った代表的な分析レポートの見方や、キーワードの意味について理解することで、より一層Googleアナリティクスを使いこなすことができますよね。

今回でトラッキングコード(ID)の設定が完了したので、次回からはGoogleアナリティクスで良く使う基本的なレポートの見方について解説していきます。

記事へのコメントはこちらへ(メールアドレス不要)

*

Return Top