アドセンス(トレンドアフィリエイト)編

トレンドアフィリエイトで文字数の目安は?ライバルに差を付ける記事

トレンドアフィリエイトを実践するうえで気になる問題の一つに文字数があるのではないでしょうか。文字数はブログの強さを決めるうえで非常に重要な要素になっています。

500文字~1,000文字程度書けばいいという情報が多いかと思いますが、僕はそう思いません。今回はその理由と文字数の目安についてご紹介します。

文字数の見解

結論から言ってしまうと、文字数は1,500文字以上を目指して欲しいです。平均滞在時間、ライバルブログとの差別化を図るためには必要な文字数だと考えています。

なぜなら、同じような記事が多くなるトレンドサイトにおいて差別化を図る為には記事内容を高める必要があるからです。大抵のトレンドサイトは500文字~1,000文字程度のブログが多いですが、似たり寄ったりな内容になることも多く、正直薄っぺらい(読み応えを感じない)記事が多いという印象を受けます。

1,000文字程度では読み応えがある記事とは言えず(記事内容が良ければその限りではない)誰もが知っている情報を羅列するだけで終わってしまいます。

下記はよくあるトレンドサイトの例です。

  • 見出し:100~200文字
  • 本文:200~300文字
  • 本文:200~300文字
  • 本文:200~300文字
  • まとめ:100~200文字

記事タイトルのキーワードによって本文の見出し数は変わってきますが、大体こんなイメージですよね。果たしてこの情報量で検索してきたユーザーを満足させることができるでしょうか?

トレンドサイトはただでさえ複合キーワードを詰込む(日本語として通じる文章)のに、ユーザーが求める情報量(回答)が少なすぎるのではないかと考えています。

例えば「トレンドサイトとは」という記事タイトルであれば1,000文字でも十分なボリュームが生み出せると思います。しかし、トレンドサイトでこんな記事タイトルを付ける方はいないですよね(笑)

なぜなら複合キーワードを絡めて記事タイトルを設定するからです。

具体的に言うと、記事タイトルに含まれる1語の検索キーワードでクリックしてくれたユーザーに対し、満足する情報を与えることは難しいのではないでしょうか。

つまり、記事タイトルのキーワードにあった回答を考えれば1,000文字では足りないことが理解できます。他のユーザーと差別化するためにも文字数は重要なファクターと言えるのです。

記事の質を重視しすぎない

人によっては文字数は関係なく「検索ユーザーが満足する記事を作成することが重要」と訴える方も多いです。しかし、トレンドサイトで考えるべき内容ではないと思います。

そもそもトレンドサイトは各分野の権威が書き上げるような専門的な記事ではありません。大衆をターゲットにして、大手ニュースブログから得られない情報を補完するものです。

つまり、質を意識しすぎることは本質からズレてしまっていると考えられるでしょう。僕達はブログアフィリエイトを実践しているわけではなく、トレンドサイトを実践しているのですから。

そうなると、記事内容はもちろん文字数での差別化が必要になってきます。ただし、意味のない文章を追記するのは無駄になりますので、検索ユーザーの気持ちを考えて記事を作成することが大切ですね。

まとめ

文字数はトレンドサイトにおいて重要なファクターであり、文字数により質が上がると考えてもいいでしょう。同じようなブログが乱立する中、できる限りの差別化を行い検索ユーザーの為になるブログ作りを意識してみてください。

記事へのコメントはこちらへ(メールアドレス不要)

*

Return Top