アドセンス(トレンドアフィリエイト)編

トレンドアフィリエイトとせどりで10万円を稼ぐ道のりを徹底比較!

ネットビジネスでポピュラーな手法であるトレンドアフィリエイトとせどりですが、両者の違い(メリット・デメリット)が分からない方や、初心者にはどちらが向いているか等の情報を僕の経験談からお伝えします。

スタイルの違い

この記事を読んでいるあなたは、すでにトレンドアフィリエイトとせどりの違いを理解していることでしょう。しかし、初めての方もいると思うので、少しだけ説明します。

両者には物(商品)を売るか、売らなくていいかの違いがあります。トレンドアフィリエイトはブログにアクセスを集め、アドセンス広告をクリックしてもらうだけですが、せどりは実際に商品を購入(仕入)して販売(売上)しなければなりません。

名前こそせどりですが、物販(商売)を行うというイメージで間違いありませんね。両者の手法を簡単に説明したところで月収10万円までの道のりを比較してみましょう。

月収10万円までの比較

両者の手法を簡単に説明したところで月収10万円までの道のりを比較してみましょう。果たしてどちらが稼ぎやすいのでしょうか?

トレンドアフィリエイト

期間:2ヶ月~5ヶ月
難易度:☆☆☆(始めは報酬が作業量に比例しない)

せどり

期間:1ヶ月~3ヶ月(報酬が作業量に比例する)
難易度:☆☆

両者を比較してみると、難易度に差があることがおわかりだと思います。どちらの手法も経験していますが、簡単なのはせどりで間違いないです。

報酬の発生が早くモチベーションが下がりにくい特徴があり、実際に宝探しゲームのような感覚で行える楽しさがあります。プレミア商品等を見つけた時の喜びは癖になります。もう興奮度は最高潮ですよ(笑)

逆にトレンドアフィリエイトは報酬の発生が遅い(まとまった金額)です。初月で1万円稼げれば御の字と言えるくらいです。

比較すると、せどりの方が圧倒的に有利な気がしますよね。しかし、そう単純にはいかないのが面白いところ。両者にはビジネスモデルとしての大きな違いがあるのです。

レバレッジの違い

レバレッジの原義はテコの原理で、ビジネスでは少ない投資で大きな見返りを得ることを言います。

せどりは仕入れた商品を販売して得た利益を増やしながら、仕入れ資金を増加させていきますので、利益が出てくるほど仕入れの幅も広がってきます。利益率の悪い高額商品でも利益額が良ければ仕入れたいと思うのが普通ですよね。

しかし、利益が出ていない場合はそういった仕入れをパスするしかありません。

なぜならキャッシュが足りなくなってしまうから(クレジッカードを使えば別)です。商品を仕入れた後は売れるまでお金が手元に入ってきません。つまり仕入れ代金を他の商品の利益で補っている状態です。

せどりは作業量に比例して収益を生み出す労働集約型モデルと言えるでしょう。

対してトレンドアフィリエイトは大きなレバレッジを生み出すことが可能です。例えば記事を1記事しかかいていなくても1万円の報酬を得たり、10分で書いた記事が数万円に化けるということもしばしばあります。

もちろん記事を書かなければならないので基本的にはせどりと同じ労働集約型モデルですが、レバレッジの効き方にかなりの差があることは間違いないでしょう。

また、外注化のしやすさや作業場所を選ばないのも魅力です。

リスクの比較

せどりに付きまとうのは在庫を抱えるリスクです。仕入れた商品が売れなければ完全な損になってしまいます。つまり、仕入れ代金がま丸々無駄になってしまうことですね。

そこで、売れやすい商品や利益が取れる商品をリサーチして戦略的に仕入れを行う必要があるでしょう。一方、トレンドアフィリエイトではドメイン代やサーバー代等の費用しかかかりません。

もし、失敗しても大きなダメージを受けることはないのです。

まとめ

月収10万円を最速で稼ぐことを考えればせどりがお勧めです。しかし、レバレッジを効かせて大きく稼ぎたいならトレンドアフィリエイトでしょう。まずは自分にあった手法を見つけて、情報発信への実績を付けることが大切です。

将来的にネットビジネスで食べていく覚悟のあなたなら、どちらを選んでもきっと成功できるはず。絶対に諦めない強い心で少しでもハッピーな人生を満喫しましょう!

記事へのコメントはこちらへ(メールアドレス不要)

*

Return Top