アドセンス(トレンドアフィリエイト)編

トレンドアフィリエイトの特化型で扱うドラマ数や時期と曜日の関係

トレンドアフィリエイトのドラマ特化型で扱う本数はいくつが適当だと思いますか?

答えの見つからない問題かもしれませんが、僕が経験したことをベースに見解をお伝えしてきます。また、曜日ごとにアクセスのバラ付きがありますので、ライバルとなる裏番組を調査や、検索ユーザーの属性についてご紹介します。

ドラマ本数のお勧めは?

結論から言ってしまうと5~7本のドラマを選ぶことをお勧めします。なぜなら、アクセスが集まらないドラマを選んだとしても、他のドラマでカバーすることが可能だからです。

極端な話、7本のドラマを選んでおけば最低2~3本は当たりがあるはずなので、そこからアクセスが見込めるドラマに注力していけばいいですからね。

ところが1つのドラマに絞ってしまうと、失敗しても立て直すことができないのです。つまりリスクが高いということです。もちろん専門性は高くなりますので成功すれば美味しいですが、始めのうちは避けた方が無難ですね。

また、1つのドラマに絞る場合は無料ブログでの実践をお勧めします。ドラマが終了した後はアクセスが集まらなくなりますので、1クール(3ヶ月)でドメインを捨てることになってしまいます。

それでは勿体ないですよね。

ですので、1つのドラマに絞る場合は、初期インデックスが強い無料ブログで実践するのがお勧めです。

ネタを仕込む時期

連続ドラマは主に1クールで放送されますが、ブログが弱いうちは必ず放送開始前にネタ(キーワード)を仕込むようにしてください。キャスト情報や大まかなあらすじ、ロケ地、主題歌、結末予想等、関連する情報を記事にして、ブログの骨組を作ってしまうことが大切です。

ドラマは4半期ごとに変わるため、ネタを仕込む時期は3月、6月、9月、12月がいいでしょう。もちろん早ければ早いほどSEO上有利になります。

この時はキーワードに予想等が入ることが多いと思いますが、情報が確定すれば記事内容を追記・修正したり、記事タイトルを変更することも頭に入れておいてください。

細かいメンテナンスをすることで、検索ユーザーにとって鮮度の高い情報を提供することができます。そうすると他の記事も必然的に読まれやすくなり、ブログ全体の評価がアップしますからね。

また、2ちゃんねるやTwitter、雑誌等で先に情報を得ることも重要です。常に情報を先取りして、ドラマ開始後に爆発的なアクセスを勝ち取りましょう。

曜日が盲点に

意外と盲点になるのが曜日だと思います。いったい何のことかというと、曜日ごとにライバル(裏番組)の強さが全く変わってくるからです。例えば金曜の9:00~11:00は金曜ロードショーが放送されます。

地上波初放送や話題の映画(ジブリ等)であれば、強力な裏番組にアクセスを取られ、検索ユーザーの数が少なくなってしまうことが懸念されます。ですので自信がない場合、金曜のドラマはパスする等の施策が必要になってきます。

それと、月9の注目度は高いです。

単純に力を入れたドラマが来ることが理由の一つですが、属性がマッチしていることが理由です。例えば、仕事始まりの月曜日から飲みに行くことは少ないですよね。

休みの生活からリズムを変える曜日なので、家でゆっくりしたいと思う方が多いはず。となれば、必然的にドラマを見る確率も上がってくるのです。

このように、曜日によってもアクセスが変わってくることがわかります。純粋にドラマの強さや内容だけではなく、外的要因も突き詰めれば、面白いようにアクセスが取れるブログに成長していくでしょう。

まとめ

今回はドラマネタを扱うにあたり、本数と曜日の関係について説明しました。始めのうちは複数本のドラマを選び実践するのがベターです。そうすることで、ドラマの強さや曜日の関係がわかってきますからね。

さらに、ドラマが終わっても次のドラマを記事にすれば、ドメインが強くなっている状態でライバルと勝負することができます。これを繰り返せば優秀なキャッシュポイントの出来上がりです。

この手法は特化型だけではなくごちゃまぜにも応用できますし、記事作成も外注化すれば少しの手間を掛けるだけです。ぜひドラマネタにチャレンジしてみてください。
トレンドアフィリエイトの記事作成時間を10倍効率化する外注教育方法

記事へのコメントはこちらへ(メールアドレス不要)

*

Return Top