ソフト・ツール

Dropbox(ドロップボックス)をPCとiphoneで使う方法

インターネット上でファイル管理がとても簡単に行えるDropbox(ドロップボックス)の使い方についてご紹介します。一度使うと手放せない使い勝手の良さが魅力なので、ぜひインストールしておきましょう。

Dropboxの利点

Dropbox最大の魅力は、インターネットを通じてどのデバイスからでもファイルにアクセスできることです。たとえば、Dropboxに保存したファイルをパソコンから見たり、iphoneから更新したりというように、いつでもどこでもアクセスが可能という便利なサービスです。

昔はUSBメモリを持ち合わせていたり、メーラーの添付ファイルを下書き保存したりして、ファイルを共有することもありましたが、Dropboxなら全てを解決できます。

様々なオンラインストレージの中でも、Dropboxの使いやすさは群を抜いているでしょう。導入も簡単ですし、使い方も本当に簡単です。

それでは早速アカウントの作成から始めていきましょう。

アカウントの作成

アカウントの作成はこちらのページに移動し、登録するボタンをクリックしてください。

次は必要情報の入力を行います。メールアドレスはフリーのもので大丈夫ですので、何か一つ取得しておきましょう。おすすめはGmailかYahooメールになりますので、まだ取得していない場合はこちらを参考にしてください。

Gmailアカウントを取得してメールを使おう
Yahooメールのアカウントを取得してメールを使おう

4つの必要事項を入力するだけでアカウントの作成は完了です。

次に使用するプランを選びましょう。初めての場合はDropboxベーシック(無料版)で全く問題ないので、ベーシックを選択してください。そうすると、Dropbox本体のダウンロードが始まりますので、終了後にPCへのインストールを実行します。

インストールが完了するとエクスプローラーにDropboxが追加されていますので、早速アクセスしてみましょう。このフォルダ内にあるファイルが、Dropboxをインストールしているデバイスからアクセスできるようになります。

iphoneとの共有

2代目以降となる他のPCやiphoneなどにDropboxをインストールはなく、ログインするだけでファイルが共有の恩恵に預かれます。もちろんiphoneからの設定も簡単で、AppstoreからDropboxのアプリをダウンロードしてログインするだけです。

家で作業してDropboxへ。その後出先はiphoneで編集なんてことも簡単です。

Dropbox使用時の注意点

Dropboxは本当に便利で、素晴らしく生産性が高まるツールなんですが、大切な個人情報が詰まったファイルなどは、あまり入れるべきではないと思います。万が一の漏洩リスクを考えると、大切なファイルはなるべく保存しないほうが良さそうです。

服装にもTPOをわきまえると言う言葉があるように、Dropboxもセキュリティだけには注意しておきましょう。

記事へのコメントはこちらへ(メールアドレス不要)

*

Return Top