アドセンス(トレンドアフィリエイト)編

トレンドアフィリエイトのサイトタイトルはペナルティに関係する?

トレンドアフィリエイトを実践するうえで最も怖いのはGoogle様が繰り出す恐怖のペナルティですよね。本当に怖すぎて夜も眠れない日々が…(笑)

基本的にペナルティは、低品質なコンテンツがあるブログに対して与えられるものですが、巷ではブログタイトル等も影響があるという意見が多いです。

そこで、自分なりにブログタイトルがペナルティの対象となり得るのか考えてみました。

タイトルとペナルティの相関について

僕の意見を言ってしまうと、ブログタイトルとペナルティには関係があるように思えません。正直なところ誰かが言い始めたから広まったとしか思えないんですよね。

本当にそうなら、ブログタイトルにトレンド等の言葉が入っていれば全て飛ばされるハズ。しかし、現にそうではないのが事実です。

これは画像の著作権問題にも言えることですが、画像が直接的なペナルティの要因になるとは思えません(もちろんアダルト系とかは問題外です)。

これも、飛ばされた人が作った迷信のようなものだと理解しています。本当に飛ばされた理由はもっと別のところにあるんじゃないでしょうか。

滞在時間・平均PV数・重複コンテンツ等、Googleが重要視する指標や内容を満たせなかっただけではないか、と思っています。確かに正確には指摘してくれないので想像になってしまう部分もありますが、特に関係がないと考えています。

もちろん語弊を生む単語を使わないことがベストであることには変わりありません。しかし、全てのブログが同じ状況になっていないということは、原因の断定まではいかないでしょう。

ペナルティの種類

トレンドアフィリエイトにおけるペナルティの種類が2種類あることは、既におわかりだと思います。1つ目は自動ペナルティ。2つ目は手動ペナルティですね。

この二つがどう違うのかと言うと、アルゴリズムの変動か否かで判別されます。

自動はアルゴリズムのアップデート(ハミングやペンギン、パンダ等)でブログが飛ばされることを言いますが、手動はGoogle社員が実際にブログを見て判断するという違いがあります。

順番で表すと自動 ⇒ 手動という流れになりますね。

つまり自動を逃れても手動に引っかかる可能性があるわけです。そこで、実際にブログタイトルにトレンド等の文字を使っていると印象が悪いんでしょうか?

本当にブログタイトルの影響もある?

前提としてGoogleがトレンドサイトを嫌っているという訳ではなく、低品質なコンテンツを嫌っているということです。

具体的にいうと、誰でも知っている内容で他と同一の内容になっているコンテンツのことをいいます。トレンドサイトが目を付けられる理由は低品質(実質のないコンテンツ)扱いされることが原因です。

トレンドサイトは大半が二次情報の寄せ集めになっていて、ユーザーが満足する結果を提供できないことが多いです。

そんなブログが小手先のテクニックで検索上位を埋め尽くす状況は、検索ユーザ・Google双方にデメリットになってしまいます。

例えばトレンドサイトだと、芸能人の写真がサイドバーにズラリと並び、ネタ記事しかり…。多くのトレンドサイトで見られる手法だと思います。

そんなブログでも更新を続け記事数が多くなれば、上位表示できてしまいますからね。もし、それがGoogle社員の目にとまったとしたら、言うまでもなく飛ばされる可能性大でしょう。

つまり、Googleはトレンドサイトではなく、低品質なコンテンツが上位を締める状況を危惧しているということになります。

ということは、ブログタイトルにはペナルティの直接的な関係性が無いと言えるのでは無いでしょうか。

それでも万全の準備を

個人的にはペナルティの関係性は無いと考えていますが、やはり皆さんがブログを作成する際には誤解を生む単語を使うのはやめた方がいいです。

後々、Googleの基準が変わる場合もありますし、できるだけのことはやっておきましょう。あくまでも個人的な主観ですから、正しいかどうかはGoogleの社員にしかわかりません。

ですので、トレンドっぽくないタイトルにするのがいいですね。もちろんごちゃまぜブログよりも特化型の方がコンセプトを伝えやすいので、できれば特化型だと思ってタイトルを付けてみましょう。
トレンドアフィリエイトのジャンル特化型ブログのペナルティ回避方法

まとめ

アドセンスを使ったトレンドサイトの構築はグレーゾーンが多く、かなり基準が曖昧です。例えどんなに質の高い記事を書こうが、ペナルティを受ける時もあります。

ある意味トレンドサイトの宿命なのかもしれませんね。

しかし、少しでも長生きするブログを作るには、人を被らない質の高い記事を用意することが大切です。ブログタイトルよりも、コンテンツの中身を意識してブログを育てていきましょう。

ブログタイトルは関係無いと言っておきながら、僕のブログはトレンド等の単語は使っていませんのであしからず(笑)

記事へのコメントはこちらへ(メールアドレス不要)

*

Return Top