マインドセット

ネットビジネスにおけるドリームキラーの対処方法を考えてみた

ドリームキラーとは子供の夢や目標を壊してしまう大人を表した造語として、認知科学者の苫米地英人先生が生み出した言葉ですよね。

ドリームキラーとは、言葉のとおり、夢や目標を壊したり、邪魔したりする人達のことです。実は、ドリームキラーになる人は、身近にいて接する事が多く、その人に対する情報を多く持ち、影響力を与えやすい位置にいる人なのです。

出典:excite

実はあなたのドリームキラーになる人は直ぐそばにいるかもしれません。どうすればドリームキラーを撲滅できるのか。ネットビジネスにおけるドリームキラーとはどんな人物なのか、解説していきます。

ドリームキラーは直ぐそばにいる

ドリームキラーというと、夢を壊すような発言をする人のことですが、あなたの身近なところにいる人から影響を受けることが多いでしょう。

  • 先生
  • 兄弟
  • 上司
  • 同僚
  • 友人
  • 恋人

こんな身近な人が、あなたの夢を壊しに掛かってくるんですね。

僕は小学生の頃に「プロ野球選手になりたいです!」と先生に連呼していましたが、先生は「お前には無理だから安定した職を目指しなさい」と、まるで出来損ないの息子を持った父親のような対応をされたことを思い出します。

この先生も俗にいうドリームキラーですよね。まあ小学生に対してここまで夢を壊す人も珍しいですが…それだけ野球センスが無かったのかもしれないですけど(笑)

このように、自分の経験から物事を決めつけて押し付けてくる人こそ、ドリームキラーの可能性が高いわけです。それが親や恋人だったりするケースもありますし、あなたの環境次第でいくらでもドリームキラーが近くにいるということです。

ネットビジネスでのドリームキラーは?

それではネットビジネスでのドリームキラーについて考えていきましょう。ネットビジネスで成功して自由な人生を送るといえば聞こえはいいですが、冷静に考えると定職に付かず個人事業主として活動するということ。

そうなってくると、必ずドリームキラーが発生しますよね。主に以下のような人たちでしょうか。

  • 独身・・・・親、恋人
  • 既婚者・・・嫁、旦那

独身の場合は既婚者ほど酷くはないと思いますが、既婚者で子供がいる方の場合、家族に理解してもらうことは難しいのが実情です。ネットビジネスをしていない人からしてみれば、怪しいという思いの方が大きく、心配が大きいのは当たり前ですよね。

稼いでいる人の実績を公開したとしても「あなたには無理でしょ…」「現実を見て」などのように、アドバイスに見えてあなたの夢を邪魔してくるのです。

特に女性は男性よりも安定志向が高いため、不安定な独立なんてもってのほか。そう考える方が多いのも事実です。小さい子供がいれば尚更かもしれません。ということは、ドリームキラーを納得させるだけの実績を見せなければ、ドリームキラーから身を守ることは不可能ですよね。

では、そのために何をすればいいのか?考えていきましょう。

ドリームキラーを撲滅しよう!

ドリームキラーを撲滅するためには、あなた自信の夢が真剣なものでなければいけません。さらに言うと真剣度が高ければ高いほど、ドリームキラーを納得させやすいと思ってください。

実際にドリームキラーを見方に付けるには、ポジティブに考えることが秘訣と言えるでしょう。「無理でしょ」と言われたら「僕のことを心配してくれてありがとう」というふうに、全て前向きに捉えることです。

そうすればドリームキラーの言動を真に受けること無く、感謝しながら受け流すことができますよね。それを繰り返していけば、あなたの夢に引き寄せられ、あなたにとってかけがえのない味方になってくれるはずです。

そこからネットビジネスで結果を出せば、絶対に納得してくれるわけです。

ドリームキラーは敵ではない!?

ドリームキラーが悪い人であるかのような書き方をしてしまいましたが、実際にはあなたの為を思っての言動だということを理解してください。誰も不幸を願っているわけではなく、あなたしか見えていない未来に不安になっているだけなんです。

つまり、ドリームキラーが多ければ多いほど最終的には味方が多くなり、理想の未来を実現しやすいとも言えますね。絶対に成功するという強い意志を持ちながら真剣に取り組めば、最後は必ずわかってくれます。

逆に言えば、あなたもドリームキラーになる可能性を秘めているということ。他人だけの問題と思わずに、自分自身にも注意をはらって、ドリームキラーと共存することを考えていきましょう!

記事へのコメントはこちらへ(メールアドレス不要)

*

Return Top