コピーライティング

一生使える魔法のような最高のスキル!コピーライティングを学ぼう

コピーライティングのスキルとは人の心を掴んで離さない文章を作成する力のことです。

大げさに感じるかもしれませんが「コピーライティング力を高めること = ネットビジネスで成功すること」

これぐらい重要性が高いものなんですね。

なぜなら、素晴らしい集客ノウハウを持っていたとしても人の心を動かせない限り、あなたの販売する商品(サービス)を買ってもらえないからです。

そうは言ってもコピーライティングの力は一朝一夕で身につくものではないので、常に訓練をし続けることが大切でしょう。そのためには、良質なインプットとアウトプット繰り返すことが必要不可欠です。

なぜコピーライティングが重要なのか?

コピーライティングの力はネットビジネスだけに活かされるものではなく、あなたが普段の生活でも知らないうちに体感しているものです。

それでは、早速イメージしてみましょう。あなたは以下のコピーを見てどちらのケーキを選びますか?

  • ケーキA・・・スポンジが柔らかくて美味しいケーキ
  • ケーキB・・・スポンジの絶妙なフワフワ感がたまらない絶品ケーキ

どうですか?
よほど変な人でなければもちろんBを選びますよね(笑)

たった一文でこれだけ人の心を動かせるコピーライティング力をネットビジネスに応用すれば、非常に大きな成果を生み出すことも難しくありません。

しかし、コピーライティングは抽象的すぎて学ぼうとしない人が非常に多いのも事実です。だからこそ、明確な差別化をはかるために、あなたが身に付けるべきスキルなんです。

コピー力が稼ぎを決める

勘違いされやすいですが、コピーライティングは読みやすい文章を書くテクニックではありません。あくまでも人の心を動かすためのテクニックです。

ネットビジネス(アフィリエイト)で考えるとお客さんの反応率を上げること。読みやすくて綺麗な文章でないとしても、反応さえ取れればコピーとして影響力があります。

もちろん影響力が上がれば商品の成約率が上がるということです。

つまり、あなたのコピーライティング力で稼ぎが大きく変わってきますし、コピーの質で売上が決まると言っても過言ではありません。

魅力を伝えなければ相手には届かない

文章が持つ力を知らない人は、良い商品や良いサービスを提供すれば絶対に売れると間違った認識を持っています。確かに商品の質は大切ですが、存在を知らなければ魅力が伝わるどころか売れないですよね。

そこでコピーライティングの力が必要になります。

たとえば、僕がよく行く美容室は低価格で腕のいい店長がいるにもかかわらず、あまりお客さんの入りが良くありません。オープンして間もないということもありますが、最大の原因はお客さんに魅力が伝わってないことです。

  • オープン価格でご利用できます
  • 東京の超有名店で10年間修行した成果をお見せします(オープン価格〇〇円でご提供!)

上が実際にお店の看板に書かれているコピーなんですが、非常にもったいないと感じます。逆に下のコピーであればお客に持っている能力を伝えることができ、文字だけで人の心を動かすことができるでしょう。

相性の良いビジネス

コピーライティング力は全ての場面で応用できますが、ネットビジネスで考えるとDRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)との相性が最高です。

ネットビジネスで大きな金額を稼いでいる人は、ほぼ例外なくDRMで稼いでいます。DRMは見込み客を獲得して販売を行うノウハウで「集客 ⇒ 教育 ⇒ 販売」を1セットにしたマーケティング手法です。

俗に言うメルマガアフィリエイトですね。ネットビジネスをしているのにコピーライティングを学ばないことは餌のない釣り竿で魚釣りをするようなものです。

アドセンスアフィリエイトで実績を構築する段階から意識しなければいけないことですし、これからも磨き続けなければいけない必須のスキルだと言えるでしょう。
伝わらない!相手を納得させるような説得力のある文章の書き方

記事へのコメントはこちらへ(メールアドレス不要)

*

Return Top